スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にぶんのいちRAGS

ちょっと前のことになりますが、2015年の2月になりたてほやほやのにっちょーび、
久しぶりのRAGSのライブでした。
西宮スタジオモンジャクシンの4周年のイベント@尼崎Tora

残念ながら全員が揃うことはなく、"ラグズの前の方ふたり"による「にぶんのいちRAGS」(と、勝手に命名しました)

ここのところの”いつも”と違うのは、ギターがもう一本とコーラスがあることと。
でも、弾き語りとは何もかも違ってて、リズム隊はいなくとも奏でられる音はRAGS!

お昼間から夜まで、他の演者さんのライブを観たり休憩所でおしゃべりしたり
商店街でおやつを買ったり。

寒かったけど、のんびり過ごす時間がとても楽しい一日でした。

スーパー玉出26時 

ナニモノ

現場で会いましょう

Midnight Spesial

途中でビデオのメディアがいっぱいになり、慌てていらんファイルの削除作業をしていたため、2曲トンでます・・・( ;∀;)
もー誰も敏腕美人(え)ジャーマネとか言うてくれんやろな( ;∀;)

こちらでも見られます♪



これはこれでバッテリー切れたみたいですね笑
1938336194_78.jpg
スポンサーサイト

灰まみれ

2012.12.22 桜ノ宮ガラガラ

灰まみれ←動画あります

いつでも君におやすみを

いつでも君におやすみを←動画あります







- RAGS
http://rags2012.blog.fc2.com/

君が眠っていても踊っていても

そこに俺の潜り込む隙間はない

だけどいつでも君におやすみを

言える準備だけはしておこう




いつでも君におやすみを

いつでも君におやすみを

いつでも君におやすみを

いつでも君におやすみを




君が歌っていても笑っていても

その視線の先に俺はいない

だけどいつでも君におやすみを

夜が訪れるたび

そっと伝えたいのさ




いつでも君におやすみを

いつでも君におやすみを

いつでも君におやすみを

夜が訪れるたび、そっと




長い夢の終わり

錆びついたままの時計




今夜楽しみな映画があるんだ

テレビでやるのは初めてなのさ

でも俺、途中で寝てしまうかもな

ああそれにしても

電話かかってこないかなあ




いつでも君におやすみを

いつでも君におやすみを

いつでも君におやすみを

いつでも君におやすみを

2012.12.22

(←動画あります)





いちばん好きなひとと いちばん好きな唄を

いちばん好きなひとと いちばん好きな唄をうたおう



いちばん好きなスピード いちばん好きな律動

いちばん好きなコード いちばん好きな唄で踊ろう



君は俺に俺の知らない花の名前を教えてくれる

俺は君に君の知らない唄を教えよう

眼を閉じてくれ 耳をすましてくれ

ざわめきのなか囁きかけた 癒えない傷のようなメロディー



いちばん嫌いなやつらも 一団に加えてしまおうよ

いちばん好きなスピード いちばん好きな律動

いちばん好きなひとと いちばん好きな唄をうたおう






Midnight Special

ミッドナイトスペシャル/THE MIDNIGHT SPECIAL←動画あります
(Traditional/日本語詞:原口)



叩きつける雨 目覚めた夜明け前

独房のなかは暗い 窓に鉄格子

定刻きっかり ベルが鳴り響き

囚人たちのつらい一日のはじまり



さあミッドナイトスペシャル 夜を照らせ

さあミッドナイトスペシャル 闇を切り裂いて

さあミッドナイトスペシャル 俺を照らせ

さあミッドナイトスペシャル 壁の向こう連れ出して



いとしいロージー 靴音軽やかに

真新しいエプロン アンブレラ片手に

昨日とおんなじ 手紙をたずさえ

「所長さんお願い あのひとを帰して」



さあミッドナイトスペシャル 夜を照らせ

さあミッドナイトスペシャル 闇を切り裂いて

さあミッドナイトスペシャル 俺を照らせ

さあミッドナイトスペシャル 壁の向こう連れ出して



星の瞬き やさしい月明かり

ここには届かない 窓に鉄格子

闇に眼を凝らし 奇跡を待ってる

囚人たちはつらい一日の終わりに



さあミッドナイトスペシャル 夜を照らせ

さあミッドナイトスペシャル 闇を切り裂いて

さあミッドナイトスペシャル 俺を照らせ

さあミッドナイトスペシャル 壁の向こう連れ出して
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。